一人暮らしの食費はいくら?女性の場合はこれくらい必要です

食費
 

今月の食費は結構かかっちゃったな・・・食費ってみんなはどれくらい使ってるんだろう?と気になったことはありませんか?

私も実家にいた頃は月々の食費がいくらかなんて考えたこともありませんでしたが、一人暮らしをするようになってからは食費がもろに収支に響いてくるので驚いたことがあります。

かつては私も気ままにスーパーに行って、好きなものを考えなしにポンポン買っていました。すると、あっという間に食費だけでお金が飛んで行ってしまい愕然としてしまいました・・・

しかし、食事は毎日するものである以上、これからも食費とは向き合っていかなければいけないものです!そこで、一人暮らしの女性の食費はいくらくらいなのか?という疑問について考えてみたいと思います。

もしこんな悩みを持っている方はぜひ参考にしてみてください!

  • なかなかお金が貯まっていかない
  • もっと節約したい
  • 食費が思うように削れない
  • これから一人暮らしをしようと考えている

一人暮らしの女性は毎月食費にいくら使っているの?

社会人の方、学生の方、外食の多い方、ほとんど自炊の方など一人暮らしの女性でも様々なライフスタイルがあります。ですので、ライフスタイルに分けてだいたい女性が食費でどれくらい使っているものなのかを調べてみました。今の自分の食費の平均と比べてみてくださいね。

1か月の食費の平均

社会人:3万5000円
学生:2万5000円

3食自炊:2万円
2食以上外食:5万円

女性のライフスタイルによって食費はここまでバラつきが出てしまいます。すべて総合してみると一人暮らしの女性の1か月の食費は平均3万円くらいになります。

なので、これから一人暮らしをしようかなと考えている女性は収入の中から3万円くらい食費に充てることができれば十分生活をしていくことが可能です。

1か月1万円に食費を抑えることは無理?

生活費の中で一番節約しやすい部分が食費ですよね。家賃の次に食費にお金がかかっている方も多いと思いますので、できれば食費をもっと抑えていきたいところです。

中にはできれば月1万円まで抑えたいと考えている方もいるかもしれません。月に1万円の食費は無謀にも思えるかもしれませんが、工夫次第では可能なのです。

食費を月1万円まで抑えるにはこんな工夫をしてみましょう。

  • 買い物の回数をできるだけ減らしてまとめ買いに徹する
  • 買い物時にレシートを必ず貰い、いくら使ったか把握する
  • 使う分だけのお金以外は口座から下ろさない

私も食費の節約にはこだわっているのですが、月1万円まで抑えるのは意外と可能です。

ポイントは買い物するときは2週間分の食材をまとめて買ってきて、お肉は小分けにしてサランラップで包んだ後、ジップロックに入れて冷凍保存します。きのこ類と食パンも冷凍庫で保存です。

   
スポンサーリンク
   
冷凍保存

あとはにんじん、じゃがいも、たまねぎなど日持ちしやすい野菜をベースに痛みやすい野菜から早めに使うように自炊していくと1回の買い物で2週間分の食事を賄うことができるのです。

ただ、毎月1万円に食費を抑えようとすると嗜好品が何も買えないのです・・・

デザートもアイスもお菓子も菓子パンも好きじゃないし、何もいらないわ!って方ですと全く苦にならないと思いますが、私は甘いものが大好きなので、やっぱり何か買いたいのです。。。ですので、1万円には収まっていませんが、上記のポイントに沿って節約をしているので、だいたい毎月12000代には収まっています。

食費を含めて生活費を節約するコツは?

収入の中からなるべく貯金額を多めに出せるように、生活費全体を節約していきたいですよね。私も最初は自分が毎月いくら使っているのか全く把握できていなかったので、なぜ貯金がなかなかできないのかわからなかったのです。

服を買うときも、化粧品を買うときもまぁ大丈夫でしょ~くらいの感覚しかなかったので、あればあるだけ使ってしまう人間でした・・・

しかしこれでは何かあった時、本当に困る!!と思い直したので今ではこんな工夫をして節約を心がけています。

  • 家計簿をつけてお金の流れを目で把握する
  • 必要以上の現金・カードを持ち歩かない
  • 不必要にコンビニやスーパーに寄らない
  • 毎月の収入から貯金分を先に別口座に移してしまう
  • 外食は食費と込みで考えて月の上限額を決める
  • たまには自分の好きなスイーツを買ってリフレッシュする

お金の収支をきちんと目で把握することが一番重要だと思います。そうすればどこを工夫すればいいか見えてきますし、毎月使いすぎていないか確認することもできます。私もきちんと自分の収支を把握できるようになってから、薄給でも毎月きちんと貯金ができるようになりました。

貯金

ただ、節約も無理しすぎてはつらくなってなってしまいますので、たまにはご褒美に自分の好きなものを買ってリフレッシュしてくださいね!

最後に

最近は女性の一人暮らしの方が増えてきましたよね。女性はどうしても防犯だけはきちんとしたほうがいいので、どうしても家賃が家計を圧迫してきます・・・でも、その分食費やその他の生活費を節約していけば大丈夫です!

もしこれから一人暮らしを考えているのなら、外食する頻度や自炊できる頻度を考えてみるといくらくらい必要なのか見えてくると思います!

ぜひこの記事が参考にして頂けますとうれしいです。

   
スポンサーリンク