歯周病から歯を守るために歯磨きで気をつけること!

 

最近いつ歯医者さんへ行きましたか?

日本人は先進国の中でも、症状が出ない限り歯医者へ行かない人が多いそうです。しかし、歯医者へいって歯のメンテナンスをしなかったことを後悔している人がとても多いというデータもあります。

虫歯のようにはっきりと痛みを感じれば、歯医者へ行くきっかけになりますが、歯周病のように気づかないうちに進行してしまう病気もあります。そういった静かに蝕んでいく病気が一番怖いのです。

歯周病に気が付かないと歯はどうなってしまうのでしょうか?

私たちは、小さな頃から食後に歯磨きをすることを親から教わりますよね。しかし、実際には歯磨きだけで口内の汚れを100%とることはできないのです。

しっかり丁寧に歯磨きをしても、小さな隙間に汚れは残っています。その汚れを栄養源に細菌がたくさん増殖し、歯垢として歯に付着するのです。歯医者さんへ行かなければ、その歯垢に気が付くことはほとんどないはずです。
歯周病
しかし、その歯垢を放置することで、歯垢から出る毒素で歯茎はどんどん炎症を起こしてしまいます。さらに何も治療をしないと、最終的に歯を支えている骨が溶けてしまい、歯を支えきれなくなってしまうのです。

歯周病は歯をなくす原因にもなっています。

歯周病で歯をなくさないために歯磨きで気を付けること!

歯を磨く歯ブラシは、ブラシ部分が小さめのものがおすすめです。歯周病から歯を守るには、口内に付着した汚れをなるべく落とすことが大切です。なので、歯磨き中に小回りがきいて、角度を変えやすいブラシのほうがいいのです。

   
スポンサーリンク
   

歯は普段同じような手順で磨いていることが多いと思います。しかし、普段歯磨きをして出血する場合、磨けていない歯がある可能性が高いのです。

歯はすべて磨かないと、磨き残したところに歯垢が残ってしまいます。そしてその歯垢が歯周病の原因となるのです。それを避けるために、一度手鏡で見ながら磨いてみることをおすすめします。普段の磨き方で意外とブラシが届いていないことに気づけることもあります。

将来歯を残すためにも歯医者さんに行くことが一番の秘訣です

丁寧に毎日歯を磨いていても、歯医者さんへ行くことより効果のある予防はありません。自分では口内の状態を詳しく知ることは難しいですし、自己流よりも歯医者さんのほうが効果的な歯磨きのやり方を教えてくれます。

日本では、たくさんのお年寄りが歯をなくしてから後悔をしています。歯医者へ行く習慣がもっと身近にあれば、残すことのできた歯がたくさんあったかもしれません。

忘れてはいけないことがあります。食べ物や飲み物は口以外からは取ることができません。美味しい食事は、健康な歯があってこそ成り立つものです。

将来もずっと自分で食事をしていけるように、歯周病から歯を守る習慣を作っていきましょう!

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です