OLが副業すると会社にばれる?ばれない?確定申告で気を付けること

確定申告
 

今在籍している会社は副業ができそうな会社ですか?

最近は大手企業が副業を認めたこともあって、副業に対して口出ししない会社が増えてきています。ですが、会社によっては周りが誰も副業をしていなさそう・・・という社風の会社もあると思います。

そういう場合はやはり自分も副業していることはオープンにしたくないですし、ばれてトラブルになるのは避けたいところですよね。

OLとして働いている分には、会社が確定申告をして税金を納めてくれます。しかし、副業で収入を得た場合は自分でこれをやる必要があります。

その時、会社に副業していることがばれたりしないのでしょうか?

確定申告で副業がばれないために気を付けること

確定申告で会社に副業がバレるとすれば、それは住民税が原因です。

通常、住民税は前年度の収入によっていくら支払うかが決定されます。そして基本的には給料から天引きする形で支払われているはずです。

しかし、副業で他の人よりも多く収入を得ていると、他の人よりも多く住民税を支払うことになります。役所から在籍している会社に住民税の額が通知されるのですが、その時にあれ?住民税が多い?副業してるのでは?とバレる原因となるのです。

確定申告

それを避けるために、自分が確定申告した分の住民税は自分で支払います、と申告すればいいのです。そうすれば副業分の住民税は会社に通知されないので、副業していることを疑われるのを避けることができます。

確定申告書の住民税の徴収方法を「自分で納付」を選んで税務署に提出しましょう。

   
スポンサーリンク
   

ただし、年間で収入が20万円を超えない場合は確定申告は必要ありませんし、会社にもバレません!

実は副業禁止は違法?

会社には必ず就業規則が決められています。今勤めている会社の就業規則を読んだことはありますか?

副業について何か決められているかもしれないので、確認してみましょう。

私は今まで、社員10人程度のベンチャーも東証一部上場企業にも勤めたことあるのですが、どの企業の就業規則にも副業禁止の項目はありませんでした。(たまたまかもしれませんし、そういう時代なのかもしれませんが・・・・)

実は法律では、社員は就業時間外はどのように過ごしても自由なので、副業しようが何をしようが基本的には制限することはできないのです。

なので、社員の就業以外の時間まで干渉し、副業を全面的に禁止することは法律上許されていないんですね。ただし、会社に在籍している以上は本業に支障がでるほど副業をやるのは認められません。

毎日深夜遅くまで作業をして、睡眠や休息が取れなくなってしまい、以前よりミスが増えたり、就業中にウトウトしてしまうことは避けなければいけません。

居眠り

また、これはあまりないかと思いますが、会社に対して不利益を与えるような副業もやらないようにしましょう。例えば、会社と同業の副業を始めて、お客さんを引き抜いたりするのはダメです。

就業規則を確認して、本業に影響が出ない範囲であれば、副業をしている人はどんどん増えてきていますので、できるものから挑戦してみるといいですよ。

そして利益が一定額を超えたら、確定申告をすることを忘れずに!

確定申告は面倒ですが、払いすぎた税金が戻ってくることもあるので、きちんとやったほうがメリットがあるんですよ。

   
スポンサーリンク