ボーナス支給日はいつ?【2018年夏】ボーナスまであと少しだ!!

ボーナス
 

今年のボーナスが待ち遠しいですね!

この前電車に乗っているときにたまたま男性の会社員の方が、「ボーナスもらったら嫁さんと子供と旅行に行く」なんて話をしていて、そろそろボーナスか!!と私も思い出しました。

せっかく毎日仕事を頑張ってるんだから、どうせならいつボーナスがもらえるのか知っといたほうが張り合いが出るぞ!!と思ったので、会社の休憩時間にいもけんぴを食べながら調べてみました。

ついでなので、みんなのボーナスの平均支給額使い道もわかっちゃいましたので、お伝えしようと思います!今年の夏のボーナスが気になる方はぜひ一緒に見ていきましょう!

2018年夏のボーナス支給日

公務員の方と民間企業にお勤めの方では若干支給日に違いがあります。

企業のボーナス支給日

6月下旬~7月中旬 (最も多いのは7月上旬です)

10日や金曜日に支給する会社が多いので、今年は7/13の金曜日に支給される会社が多いのではないでしょうか。しかも、16日月曜日は「海の日」で祝日なので、ボーナスをもらって三連休を過ごすことができるかもしれませんね!

もちろん会社によっては6月または7月の給料日に一緒に支給するところもあるので、もらえる時期は約1か月ほどバラつきがあります。はじめてボーナスを受け取る場合は、いつもらえるのかドキドキですね!

ちなみに私の会社でもそうなのですが、ボーナス支給前や支給時になると自己評価表を書いたり、上司と仕事について面談があるところも多いです。普段上司と仕事について向き合って話す機会は多くないので、その時は真面目に今後どうしていきたいなど自分の考えを話すようにしています。

公務員のボーナス支給日

6月30日(法律や条例で決められています)
ただし今年は30日が土曜日なので、支給日は6月29日金曜日です。

毎年かっちり決められた日に支給されるので、今年はいつもらえるのかな?って心配しなくていいですし、予定も立てやすいところがいいですよね!

しかも公務員だけは景気に左右されないので、今年は残念ながら支給されませんという悲しいお知らせを聞かなくて済むのもメリットですね!

カレンダー

2018年夏のボーナス平均支給額

今年の夏のボーナスですが、みなさん一体いくらくらい貰ってるんでしょうね?基本的に自分の以外の人の給料って分かりませんから、自分のボーナスが人より多いのか少ないのか気になっちゃいますよね。

そこで、今年の夏のボーナスの平均支給額の予想をお伝えしたいと思います。

民間企業の場合

予想は35万~40万円

今までの大手企業のボーナス支給額の推移を調べてみると、リーマンショックの時にガクッと支給額が下がり、その後多少の増減を繰り返しながら、支給額は徐々に上がってきています。

上がってはいますが、そんなに大きく増額するわけではないので、平均2か月分の給与ということで35万~40万くらいが平均になるかなと思います。

もちろん年功序列の会社にいて勤続年数が長い方や社員数多い超大手に勤務の方は平均よりももらえる額が多い傾向にありますので、夏が楽しみですね!

反対に中小企業だと1か月分の給与をボーナスとして支給する会社も多いですし、最近ではボーナスなしという会社も珍しくありません。ですので、平均より低いからといってあまり気にしないほうがいいです。

また業界によってもボーナス支給額に大きな差があります。

自動車メーカー、通信サービス系、金融系の業界は普段の給与も高いためそれに合わせて、ボーナスの支給額も高くなっています。年収の高い業界に絞るとボーナスの平均支給額は50万~60万円ほどになりそうですね。

ボーナス支給平均まとめ
  • 夏のボーナス支給額平均予想は35万~40万円
  • 平均支給額は基本給の2か月分
  • 大手企業は3か月分のところもあるし、中小企業は1か月分のところも多い
  • 自動車、通信、金融は年収が高いため、ボーナス平均も高い

公務員の場合

公務員は景気に影響されませんが、企業と同じようにだいたい2か月分がボーナスとして支給されます。

2017年夏の支給額平均:64万円

去年がこのくらいだったので、おそらく今年も60万~65万円程度が平均になると予想します。改めて民間企業と公務員のボーナスを比べてみると公務員のボーナスって多いですね!

普通の一般の会社員の倍くらいはボーナスもらっています。具体的な数字は知らなかったのでびっくりしました!

私の知人に公務員の人がいるのですが、公務員になりたての若いうちは恐ろしいほど給料が低いそうです。ボーナスの平均額だけ見るとうらやましい公務員ですが、最初は薄給で我慢して年を重ねるうちにかなりもらえるようになる仕組みのようです。

2018年夏のボーナスのみんなの使い道は?

ボーナスってどう使おうと自由だけどみんな何に使ってるんじゃ!!とちょっとだけ気になりましたので、去年の使い道ランキングを探してきました!2018年夏も大きな変化はないと思われます。

   
スポンサーリンク
   

1位:貯金に回す

将来のことを考えて貯金する人が圧倒的に多いみたいですね。普段の給料だけではギリギリで全く貯金ができないので、ボーナスで貯金をしているという声もたくさんありました。貯金してマイホームを買ったり、結婚資金に使うなど目的を持って貯金している人も多いですね。

2位:生活費に足しにする

最近は残業規制なども入って普段の給料もそこそこにしかもらない状況の人も多いです。私もそうですが、そういった人にとってはボーナスは生活費を補てんできるありがたい存在ですよね。半年の間に切り崩した貯金をボーナスで補てんしているという声が2位にランクインしました。

3位:ローンの返済に回す

ローン返済が3位でトップ3は娯楽やレジャーではなく、生活のためにボーナスを使っている人がほとんどだということが分かりました。年齢を重ねて結婚したり、子供が生まれたりするとお金かかりますからね・・・家や教育ローンに回したり、中にはショッピングをリボ払いしてその返済に充てているという人もいました。

4位:旅行に行く

4位は旅行ということで、特に国内旅行にボーナスを使う人が多いみたいですね。海外に行こうと思ったらもっとお金がかかりますし、飛行機の移動などで時間も必要ですから手軽に国内旅行に行くほうが好まれています。日本国内だったら九州でも北海道でも数時間もあれば行けますし、温泉旅行ディズニーランドで楽しむ人もいるようです。

ディズニーランド

5位:家電を購入する

家電ってふとした拍子に壊れるんですよね。でも買い換えようと思ったら、数万円かかることもしばしばあります。なので、ボーナスの時期を待って家電を買い替える人が多数のようです。冷蔵庫など必需品が壊れたら困りますが、掃除機や洗濯機は半年くらいなら何とかなりますしね。私も家電が壊れてしばらくコインランドリーやクイックルワイパーでしのいでいたので、すごくわかります。

 
堂々の1位はやはり貯金でしたね。もちろん貯金も大事ですが、毎回全額貯金では張り合いもないので、1割や2割と範囲を決めて自分の半年間の頑張りにご褒美をあげるのも大切かなと思います。

ボーナスは退職したら支給されないのか?

夏と冬は人員の入れ替わりが激しくなり、人事も忙しくなる季節だと言われています。それはもちろんボーナスをもらってから辞める人がたくさんいるからですよね。今まで頑張ったんだからボーナスをもらってから辞めたいのは当然です!

ボーナスは支給日と退職する日によってはもらえない可能性も十分あるので注意が必要です。なぜならボーナスはそもそも法律上必ず支払う義務はないからです。何かしらの理由があって社員にボーナスを支払わなくても法律上は問題ないわけです。

このような場合はボーナスが支給されません
支給されない、または減額される可能性が高いです)

  • ボーナス支給日より以前に退職する
  • ボーナス支給日と退職日が同じ
  • ボーナス支給日が有給消化中で出社していない
  • ボーナス支給日より前に退職の意思を伝えてある

会社によってそれぞれボーナスの支給規定があります。(中には基準が全くなく社長の気分次第という会社もなくはないです)ボーナス支給日に在籍していることが条件などと決められている場合は、それ以前にやめてしまっていたら受け取ることはできなくなります。

ボーナスの支給額も今までの頑張り+今後の会社貢献への期待なども考慮される場合は、退職することが決定している場合は減額されることになります。

また、会社によっては辞めることが決まっている社員には1円も出さないという方針の会社もあります。ですので、退職することを考えている場合は可能であればボーナスを受け取ってから退職の意思を伝えるほうが確実です。

退職届

最後に

ボーナスをもらって何に使おうかと考えている方も貰ったあとにスムーズに転職しようと考えている方も、今年のボーナス支給日である7月上旬は要チェックですね!

世間の夏のボーナスの平均を調べた結果、だいたい基本給の2か月分くらいでおそらく2018年の支給額予想は40万円ほどだと分かりました。自分の会社の業績によってもボーナス支給額が変わりますので、どうかちゃんと支給されることを祈るばかりです!

そして、ほとんどの方はもらったボーナスを貯蓄に回しているようですが、決めた範囲で半年間頑張ったご褒美にリフレッシュに使うとまた次の半年のモチベーションも湧いてきます。疲れているなら温泉などくつろげる場所にいくと癒されますよ。

ボーナス支給日まであとちょっと、頑張りましょう!!

   
スポンサーリンク