お盆休み【2018】期間はいつからいつまで?休みが待ちきれない!

お盆休み
 

今年のお盆休みは何日間休みになるか知ってますか?

ゴールデンウィークぶりの長期連休なので、そろそろ思いっきり休みたいぞ!!と考えている人は多いはず。

私もついこの前、電車に乗っているときに会社員らしき人たちが楽しそうにお盆休みの予定についてしゃべっているのを聞いて、もうそんな時期かとお盆の存在を思い出しました。

せっかくならお盆休みの期間がいつからいつまでなのか知っておいたほうが仕事も頑張れるぞ!!と思い立ったので、2018年のお盆休みをまとめてみました。

お盆休み早く来い!!と日々願っている方はぜひ私と一緒に見ていきましょう!

2018年お盆休みの期間はいつからいつまで?

毎年お盆は8月13日から8月16日までと決まっています。お盆は昔からある日本の文化で、先祖が家に帰ってくるので、お迎えするための期間だったんですね。

8月13日に先祖を向かえて8月16日にお送りするのが一般的だったので、今でもお盆休みはこの期間に休む人が多いのです。

さらに2016年から8月11日「山の日」として祝日になりましたよね!この山の日によっては、長期連休になりますが、2018年は山の日が土曜日に重なっちゃってます・・・

よって、8月11日(土)~8月16日(木)が一般的なお盆休みです。
今年は6連休ですね。
お盆期間

中には超大手企業など企業独自のカレンダーで動く会社は、これよりも長期で連休となるところもあります。

8月11日(土)~8月19日(日)まで休みですね。

反対に、通常のカレンダー通りで動く会社の方は、8月11日(土)、12日(日)の2連休です。役所や銀行などはカレンダー通りなので、普段の土日と変わらないので、ちょっと寂しいですね。

2018年お盆休みまとめ
  • 一般的な会社の場合:8月11日(土)~8月16日(木)
  • 大手や優良企業の場合:8月11日(土)~8月19日(日)
  • 役所、銀行、カレンダー通りの会社:8月11日(土)~12日(日)

お盆ってそもそも何?

生まれた頃からお盆休みってありますが、お盆ってそもそもどういう文化だったんでしょう?

日本の歴史を見てみますと、昔から日本には先祖を供養する習慣があって、そのご先祖様は夏に自分たちの家に帰ってくると考えられていたんですね。亡くなった先祖さんを家にお迎えして、家族と一緒に過ごした後、またあの世へ送り出す行事のことをお盆と呼んでいました。

なので、今でもお盆の時期になるとお墓参りに行ったり、お仏壇を綺麗にしたりする人は多いですよね。もう少し昔だと、親戚一同が集まって、お供え物や線香を用意したり、お坊さんを招いてお経をあげてもらったりと手厚く供養をしていたようです。

今はそこまでやる家庭は少なくなっていていますが、一年に一度はご先祖様の顔を見にお墓参りに行くのもいいと思います。

墓参り

お盆休みのみんなの予定は?

お盆休みはゴールデンウィーク、年末年始と並ぶ長期連休ですよね。しかし、8月上旬は1年で最も暑い時期でもあります!このめちゃくちゃ暑い時期の長期連休、みんなは一体何をしているのか気になる方もいらっしゃると思います。

そこで、みんなのお盆休みの予定ランキングをお伝えしようと思います。予定がなくてノープランなままお盆が過ぎてしまいそうな方はぜひ参考にしてみてください!

1位:自宅でのんびりする

ダントツで1位になったお盆の過ごし方が家でのんびりすることです!私もこの回答に納得しました。夏の暑さと仕事で疲れが溜まっていますから、涼しい部屋でだらだら過ごしたいと考えている人が多いということですね。家族連れの人でも、お盆休みは暑いので、帰省せずに自宅で過ごす人もいました。

2位:仕事をする

全員がお盆は休みというわけではないので、仕事をして過ごす人もたくさんいます。2位にランクインしているので、お盆に仕事がある方が結構いらっしゃるようです。お盆期間が繁忙期でフル出勤の方もいますが、交代で休みを取る会社もありますので、仕事と休みが半々の方も多いようです。

   
スポンサーリンク
   

3位:実家に帰省する

結婚して家族を持っている方は実家に帰省する方が多いですね。特に実家が遠方ですと、普段はなかなか帰れないですし、両親も子供に会えるとなると嬉しいですしね!

4位:墓参りをする

お盆休みは家族そろってお墓参りに行くのが恒例になっている方も多いと思います。お墓が遠方にある場合は、なかなかいけないので、家族でそろってご先祖様に会えるのはお盆ならではですね。この時期は暑いので、できれば朝のうちに行く方がいいです。先祖を敬う上でも、午前中に行くのがよいとされているんですよ。

5位:近場に遊びにいく

特に子供がいる方は思い出作りということで、プールや遊園地など近場で遊べる場所へ行く人もいるようです。近場であれば移動の時間もあまりとられなくて済みますし、手軽に行きやすいということで予定している方が多いようですね!外は暑いので、近場のショッピングモールでぶらぶらする予定の方もいました。

遊びに行く

独身の方や家族連れの方ではお盆休みの過ごし方は変わってくると思いますが、多くの方が家でまったりしているみたいですね!外に出るだけで汗をかくので、家でクーラーに冷やされながらアイスを食べるのが一番いい過ごし方なのかもしれません。

他にも、

  • キャンプや山、バーベキューに行く
  • 花火大会や夏祭りにいく
  • 家の掃除や片付けをする
  • 国内旅行へいく
  • 撮りためたドラマを見る
  • 読みたい本を読破する
  • ひたすら寝る
  • 友人・知人と会う
  • 海外旅行に行く
  • アウトレットに行く
  • ショッピングに行く

という声もありました!

普段は仕事があってなかなかできないことを連休でやってしまおうと考えている人が多いみたいですね!

2018年お盆休みの渋滞ピークはいつ?

お盆休みに入ると、実家に帰省したり遊びに行く人が一斉に移動するので、必ず高速道路や新幹線が混雑します。できれば混雑のピークを避けて移動したいですよね。

そこで、2018年お盆休みの混雑予想をお伝えしたいと思います。

今年のお盆期間のスタートは8月11日土曜日ですので、この日に一気に移動する人が増えるので、初日からすでに渋滞はピークだと予測できます。11日は山の日で祝日ですし土曜日ということもあって、休みの方はかなり多いはずです。

もし混雑のピークを避けるのであれば、10日金曜日の夜から移動するか12日まで待ったほうがまだマシだと思われます。ただ、ピークではありませんが普段以上の交通量の多さは避けられません。。。

渋滞

また新幹線も11日が乗車率のピークになるので、注意が必要です。混雑時の新幹線を利用したことがある方は分かるかと思いますが、お盆などの長期連休は乗車率が余裕で100%を超え、立っている人が溢れかえる状況です。

その状態で数十分から数時間、到着まで待たなければいけないので、出来るだけ事前に指定席を抑えておきましょう。

※1か月前の10時からネットで事前予約ができます。通常の新幹線であればほぼ取れると思います

また、連休後半の渋滞は、14日、15日あたりが混雑のピークになると思われます。毎年そうなのですが、連休最終日は1日ゆっくりしたいと考えている人が多いので、必然的にその前の14,15日あたりが一番混むことになります。

新幹線の場合も15日が最も混雑すると予想されますので、できれば少しズラすことをおすすめします。

2018年お盆休み混雑ピークまとめ
    お盆休み前半混雑ピーク

  • 高速道路:8月11日(土)
  • 新幹線:8月11日(土)
  •  
    お盆休み後半混雑ピーク

  • 高速道路:8月14日(火)15日(水)
  • 新幹線:15日(水)

※新幹線は1か月前から指定席を事前予約するのがオススメ

最後に

今年のお盆休みは6連休みたいですね!山の日が土曜日なのがちょっと残念ですが、それでも6日間ものんびり過ごせるのは嬉しいですよね。

ちなみにちょっと調べてみたのですが、2019年は山の日が日曜日に当たり月曜日が振替休日になるので、来年のお盆休みは8連休になりますよ。来年は1週間がまるごと休みなので、海外旅行にも行きやすくなりますね!

さて、そんな楽しみなお盆休みですが、今年のお盆向けて予定を立ててみてはいかがでしょうか。

   
スポンサーリンク