BLUE GIANT1巻のネタバレと感想!本物の努力とはこういうことだ

BLUE GIANT
 

“世界一のジャズプレイヤーになる”

このセリフから始まるBLUE GIANTという漫画なんですが、久しぶりに心を揺さぶられた漫画でした。最近、仕事もプライベートもくすぶっていて、情熱も希望もない毎日を送っていた時の出会いだったんです。

漫画のページから聞こえるはずのない音が確かに聞こえた、そんなレビューをたまたまネット上で見つけて、気になった私はいてもたってもいられなくなり、最終巻である10巻まで全部まとめて買ってしまいました。

久しぶりに漫画の世界に夢中になりたい、そんな期待をこめてたんだと思います。

実際にページをめくっていくと、主人公の宮本大くんのジャズへの情熱に心が熱くなるのを感じました。情熱って人の心を動かすんだ、こんなふうに生きたいって潜在的に人は求めてるだろうなって考えさせられた漫画でした。

せっかくなので、この漫画の感想と宮本大くんから学んだ本物の努力について書いてみたいと思います。

BLUE GIANT 1巻ストーリー

毎日バスケに明け暮れる高校三年生の宮本大。

自転車をこいで学校に行き、なんとなく授業を受けて、放課後のバスケに全力投球する毎日を送っていました。

でも、もう高校三年生。
高校生活最後のバスケの試合もとうとう終わってしまいます・・・

周りは受験や将来の進路のことを真剣に考え始める中、大は友達に連れられて、ジャズを聴きに行くことにします。

そこで、“熱くて激しい”ジャズに心奪われてしまうんです。
まるで雷が落ちたみたいに。

その日から何かにとりつかれたようにテナーサックスに夢中になる日々を送ります。
はじめたばかりのこの頃から、大はジャズプレイヤーになることを目指していました。
バカにされても、笑われても、何を言われようとも。

雨の日も風の日もひたすらサックスを吹き続けるので、サックスのリードがすぐボロボロになってしまいます。

楽器屋にリードを買いに行くのですが、楽器屋の店主は大のリードがあまりにすごいスピードで減るので、圧倒されてしまいました。

そこで、雨の降りしきる中、トンネルの中で練習していた大を見つけ出して、ライブに出演することを勧めます。サックスを手にしてから大にとってはじめてのステージ。

めちゃくちゃテンションの上がった大に、突然親友から卒業間近で転校するという衝撃的な話を聞かされます。

次はいつ会えるか分からないくらい遠くへ行く親友。
そんな彼へ最後のお別れののジャズを送ります。

親友との別れを乗り越えて、ついに大はジャズの初ステージへ立ちます。
今までは一人で自由に吹いていたけど、今日はボーカル、ギター、ピアノ、ドラムといったバンドの中での演奏ははじめてです。

全力を出した大への評価は、「頼むから、飲める演奏をしろ」でした。
はじめてお金を出して聞いてもらったお客さんに大の音は、全く評価されなかったんです。

うなだれて、ひどく落ち込んでしまったように見えた大。
それでも、彼から出た言葉は「へでもねぇや」でした。

灼熱の太陽の下、汗をかいてでも練習をはじめる大。
大の音がお客さんの心を動かすようになることを目指して。

大の圧倒的な練習量

大がテナーサックスをはじめてからは、ここまでやるのかというほど毎日練習をしています。忙しい日もあれば、天気が悪い日もある、そんなことおかまいなしに毎日夜遅くまで練習しているんです。

誰でも何かをやりたいと思ってはじめたことってあると思います。でも、そこから情熱を持ってやり続けた人って何人くらいいるんでしょう?

トップに立ちたかったら、人を圧倒するほどの練習量、そしてそれを支えるだけの情熱が必要なんだと改めて気付かせてくれました。

情熱って人に伝線しますから、もし今何かに取り組んでいてモチベーションが下がってきたら、ぜひBLUE GIANTを読んでみてください。

大の言い訳せずに練習する姿に自分はなんて甘ったれんだろうと思わせてくれますよ。

私も仕事の成果や結果が出せなくてうんざりしてしまうことがあるんですが、そういうときに大だってこれだけ練習している!と奮い立たせています。

努力に努力を重ねるとチャンスが巡ってくる

ジャズに心打たれてテナーサックスをはじめた大ですが、楽譜も読めないし誰かにサックスを習っているわけでもありません。

   
スポンサーリンク
   

完全に自己流でやっているんですが、そんな大がお客さんの前でステージに立つというチャンスを掴んだんです。普通に考えたらありえないですよね?

音楽を習ったこともない素人がお金を払って見に来てくれている人の前にたつなんて普通なら起こりえないことを実現してしまいました。

誰でも生きていると自分だけにチャンスが巡ってきたり、追い風が吹くときがあると思うんです。でも、普通にぼんやりして生きているとそのことに気付かないまま過ぎていってしまいます。

思い返してみると、あれは自分にとっての追い風だったんだと思えることってきっとあると思うんです。

でも、大のように努力を積み重ねているとそれを見てくれている人がいて、チャンスとして巡ってきたときにぐっと掴むことができるんですね。

自分のステージに立ったらすべてを出す

大が初めてステージに立ち、ソロが回ってきたときに、今できる自分のすべてを出すんだと心を決めます。このシーンは本当に大の渾身の音が聞こえてくるシーンで思わず心が震えました。

初心者だから、ステージに立つのははじめてだからと一切の言い訳をせずに今できるすべてを出し切った大。

きっと私を含めて多くの人が大のように全力を出し切る経験をあまりしていないんじゃないかと思います。全力を出し切る癖がついていないから、いざというときにしり込みをしてしまって本気を出すことができないんだと思います。

大の演奏の評価は散々だったのですが、それでも全力を出し切ってその評価なら仕方ないと思えますよね。それが中途半端だったら、納得することすらできない。

会社のプレゼンでも、商談でも、ちょっとしたお客様対応でも、全力を出してやって出た結果なら、またそこから改善していけると思いました。

仕事でモチベーションが上がらない人ほど、読んでみてほしいです。

ジャズ

結果が悪くてもすぐに切り替える

私が大が本当にすごいと思ったのが、はじめての演奏でお客さんに怒鳴られても、全く引きずらなかったことです。

ステージに向かって、「君の音はうるさいんだよ!!」「飲める演奏をしてくれ!」なんて大声で言われてしまうのですが、公園のベンチに座ってひとしきり、うなだれたあとに「へでもねぇや!!」と笑っています。

仕事で怒られたとき、せっかく作った資料や作品が評価されなかったとき、お客さんにダメ出しされたとき、凹みたくなるときっていくらでもあると思うんです。むしろうまくいくことのほうが少ないと思います。

情熱をもってプロになる人は、ここからの切り替えが違うんだと思います。アマチュアのまま終わってしまう人は、いつまでも思い悩んで、引きずって悲しみの余韻に浸ってしまいます。

でも、プロやプロになる人はすぐに気持ちを切り替えて、成功するために練習を再開できるんだなと学びました。

最後に

BLUE GIANTを読み始めてから、ものすごい勢いでストーリーに引き込まれ、あっという間に読んでしまいました。本当に音が聞こえるような描写もすごいのですが、仕事やビジネスで大事なマインドセットがちらほら散りばめられていて、学びになるところがたくさんあります。

仕事でやる気が出ない、新しいことを始めたけどなかなか成果が伸びない、自分のビジネスがうまくいかないなどなど、今行き詰っている人にぜひ読んでほしいと思います。

私も宮本大くんの努力の姿勢をモデリングしていきたいと思いました。BLUE GIANTを読むと本当に心に火がつきますよ!

Blue Giant 1巻はこちら

   
スポンサーリンク