夏風邪を長引かせる食べ物は?悪化させる食べ物を避けよう

 

に活発になるウイルスでダウンしてしまう人も多いですよね。うだるような暑さで体も重くてつらいですし、冷たいクーラーなどで免疫力も下がりやすい時期です。

夏風邪になってしまうと、鼻水が止まらなかったり、のどの痛みや発熱といった症状が出ます。熱やだるさ、鼻水などの不快な症状で他のことが手につかなくなってしまいますよね。

そうはいっても、仕事や学校をゆっくりとは休めない方も多いと思います。なるべく早く治すためには、夏風邪が長引くような食べ物は避けていく必要があります。

食欲がないときは無理して栄養をとらない

夏風邪にかかったということは、それだけ免疫力が下がっていたということです。日々の疲れや真夏の気温差で、体を守る機能が低下している状態です。

そんなときに熱が出て体がつらいということは、体がウイルスの勢力を抑えようとしているのです。ウイルスに負けてしまわないように、体を守ることにエネルギーを使っているのです。

食欲がないということは、食べ物を体に入れるべきサインではありませんから、体を休めることではやくウイルスの勢力を抑えてくれます。

私たちが何かを口にすると、内臓は想像以上にエネルギーを使って消化活動をしなければいけません。ウイルスと戦っているときに、消化活動まで活発になってしまうと、余計に体を酷使することになってしまいます。

早く夏風邪から回復するためには、体に負担をかけないことが一番大切です。

スタミナ料理は元気なときに食べるべき

猛暑の時期では、体力が落ちやすいため、うなぎ豚肉などを食べて栄養をたっぷり取ろうとしますよね。これらの食材は、脂肪分も多いため、消化する際に負担がかかります。

   
スポンサーリンク
   

夏風邪が治りかけてきた頃には、食欲が回復してくるので、栄養をつけようと思うかもしれませんが、消化に負担のかかる食べ物は避けることが無難です。

特に夏風邪の場合は、ウイルスの影響でお腹が緩くなっている場合もあります。内臓の状態が万全でないときに、脂肪分の多い料理はかなりの負担をかけてしまいます。夏風邪を長引かせないためには、体を十分に休ませることが大切なので、スタミナ料理は完全に体調が回復してから食べましょう。

うなぎ

高熱が出ているときにアイスクリームが食べたくなったら?

他のものを食べる気力は起こらないけれど、冷たいアイスだったら食べたいと思うかもしれません。

しかし、熱が出ているときは、他の食べ物と同様、なるべく消化にエネルギーを使うべきではありません。夏風邪を早く治すためには、お水をたっぷりとって休息に徹するのが一番です。

アイスクリームを食べるなら、熱が下がり始め食欲や気力が回復してきた段階で食べるのがおすすめです。体に栄養が補給され、体力を回復してくれます。

ただし、アイスクリームにも種類があり、商品の中にはラクトアイスと表示されたものもあります。ラクトアイスはアイスクリームに比べて、牛乳などの乳成分がほとんど入っておらず、かわりに添加物がたっぷり入っているのです。

当然体によくないので、夏風邪から回復し始めた体に負担をかけることになってしまいます。口にする食べ物に注意して、早く夏風邪から復活しましょう!

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です