ミニマリストとシンプリストの違い!両者は似ているようで微妙に違う

シンプル
 

断捨離という言葉が流行ってから、持ち物をなるべくシンプルにして雑多な生活から卒業する人が増えてきましたよね!

部屋が汚い女はモテないという声もあるくらい、部屋をシンプルに整理できる人は魅力的だと考える人も多いんです。確かに想像してみても、彼女の部屋にお邪魔したら足の踏み場もないくらいの汚部屋だった・・・そんな一面を見てしまったら引いてしまうかもしれません。

そんなシンプルな生き方を実践する人のことをミニマリストとかシンプリストというふうに呼んだりもします。

両方とも物をあまり持たずにシンプルな生き方をしたい人たちという意味なので、どっちで呼んでもかまわないのですが、実は明確に微妙な違いがあるみたいなんです。

自分がどっちに属しているのか、またはどっちを目指したいのか一緒に考えてみましょう♪

シンプリスト

シンプリストは物を持たないことよりも収納や見せ方にこだわっているんです。

たとえば、一つの部屋に小物がゴロゴロといくつかあったとします。それらが全部別々で散らかっていたら、見た目はあまりシンプルだとは言えませんよね。

でも、部屋の色調に合わせて、白なら白、茶色なら茶色と統一して、きれいに並べたら、それが部屋のインテリアになって決して散らかっているようには見えないんです。

こうやっていかに部屋がシンプルに統一して見せるかをこだわっているのがシンプリストです。当然物が多ければ多くなるほど全体の統一感を出すのが難しくなっていきますので、必然的に物を少な目になるんですね。

モデルルームのように生活感のない部屋の方が多いですね。

ミニマリスト

文字通り、可能な限り物をもたないことにこだわりをもって生活している人たちです。

   
スポンサーリンク
   

その気になればスーツケース一つで引っ越しができちゃうくらい、思い出のものや季節が過ぎたものは捨ててしまいます。

普通の人の感覚だと、思い出のものまで捨てちゃうなんて悲しいじゃない!と思っちゃうかもしれませんが、ミニマリストは思い出は心にしまっておけばいいという考え方なんですね。

これは人の価値観なので、そういう考えがあっても全然いいと思うんです。

シンプリストとの違いは、ミニマリストさんはそもそも物自体がほとんどないので、収納による見せ方も関係なく、部屋は引っ越してきたままとほぼ同じくらいガランとしてる感じなんです。

まぁシンプリストにもミニマリストにも人それぞれ程度がありますけどね。

ミニマリスト

あなたが目指しているのはどっちでしたか?

私はどちらかというと、ミニマリストよりの考え方ですね。

汚い部屋は苦手なんだけど、掃除があまり好きじゃないし、苦手だから物を少なくしよう、そういう考えなんです。収納もあまり関心がないから、ひたすら持ち物をシンプルにしています。思い出の物も時間が経ってしまえば、捨ててしまえるタイプの人間なんですね。

シンプリストやミニマリストの生活は心のシンプルさでもあるんです。生きる上で複雑に考えない、シンプルに考えている人たちです(私も割とそう♪)

   
スポンサーリンク