熱中症と他の症状の違い~対応はどうしたらいい?

 

猛暑が続いて体に不調が出ていませんか。体調を崩しやすいこの時期は特に注意して生活する必要がありますよね。思い当たる原因がいくつかある場合は、何が原因の不調なのか分かりづらいこともあると思います。

特に熱中症は放置しておくと危険な状態になる可能性もある怖い症状なので、この時期は注意が必要です。

夏バテと熱中症はどんな違いがあるのでしょうか?

夏バテの症状は徐々に出てくることが多いのです。暑い夏を過ごしていると、気づかないところで体は体温調節のために負担がかかっています。そのため、少しずつ疲れがたまっていき、自律神経がうまく働かなくなってくるのです。

そうなると、食欲が湧かずご飯が食べられなくなったり、体のだるさがいつまでたっても抜けなくなります。

熱中症の場合は夏バテと違い、突然症状が体に現れることが多いのです。炎天下の中、バーベキューをしていて水分補給がおろそかになっていたり、暑い中、汗をたくさんかくような作業をしていたりすると熱中症になる危険があります。

気温も湿度も高い環境にいると、体は一生懸命汗をかいたりして体温が上昇するのを防ごうとします。しかし、その機能が追い付かなってくると、体は体温の調節がうまくできなくなってしまいます。

その結果、大量の汗をかいて体から水分と塩分が抜けてしまったり、逆に汗を全くかくことができずに、体温がどんどん上がってしまったりするのです。気が付かずに放置していると、体が危険な状態にさらされるため、一刻も早い対応が必要になります。

   
スポンサーリンク
   

妊娠初期や夏風邪も似たような症状が出ることがあります

妊娠したばかりの時期は、頭痛がしたり、吐き気などを覚える場合があるので、真夏の時期に症状が出ると夏風邪や夏バテなどと見分けが付きづらい場合もあります。しかし、強い眠気に悩まされたり、味覚か変わる、においに敏感になるなど他の症状が出ることもありますので、すぐに風邪薬を飲まず、休息しながら様子を見るようにしましょう。

夏風邪の場合は、ウイルスが原因なので、咳が出たり、鼻水、喉の痛みなど、夏バテや熱中症では出ない症状が出る場合が多いのです。

周りにいる人が体調を崩していた場合は?

炎天下の下や、湿度のこもった室内で体調が悪そうな人を見つけたら、熱中症の疑いを持たなければいけません。夏バテや夏風邪は休息を十分にとり、弱った免疫力が回復すれば、症状も落ち着いてきます。

しかし、熱中症の場合は体の体温調節機能がうまく働かなくなっているので、周りの人が体温を下げられる環境を作ってあげなければいけません。日の当たらない場所に移動させ、水分や塩分を補給しましょう。そして、保冷剤や冷たいペットボトル、濡らしたタオルなどを脇の下や首などに当てて冷やします。

救急車を呼ぶ

最初はふらふらしたり、めまいがするだけの症状があっという間に、嘔吐したり、力が入らなくなって動けなくなったりするので、迷ったらすぐに救急車を呼ぶことも大切です。

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です