オクラのおすすめのゆで方!夏バテ予防のためにもおいしく食べよう!

 

夏のこの時期はスーパーでオクラが安く売っていますよね。輪切りに切ると星の形をしていて、料理に入れるだけで夏らしい華やかな見た目になります。

オクラの旬はまさにで、この時期のオクラは1年で一番栄養価が高くなっています。オクラには、夏バテ予防にも美容にも効く栄養がたっぷり入っているので、ぜひ食卓に取り入れたいですね。

オクラをおいしく食べるにはどんなゆで方がいい?

オクラはうぶ毛が生えているので、食べやすくするためにそれを取り除く必要があります。オクラを水でよく洗って、塩をふってこすると意外と簡単になめらかになってきますよ。

オクラは他の根菜などに比べると硬い野菜ではないので、このまま生でも食べることができます。火などを通さずとれたての状態で食べると、最も栄養価が高い状態で食べられるのでおすすめです。

オクラの中には、うぶ毛が硬いものもありますので、毛が気になる場合はやはりゆでたいですよね。ゆでる場合も、うぶ毛を塩でこすった後、まるごとお湯でゆでるのがポイントです。

   
スポンサーリンク
   

オクラを切ったり、ヘタをとったあとに、お湯でゆでてしまうと、中にお湯が入って水っぽくなってしまいますし、せっかくの栄養がお湯の中へ逃げてしまいます。長時間ゆでる必要はありませんので、お湯に塩を一つまみ入れて1、2分さっとゆでたらざるにあげて冷まします。

私は鍋でゆでるのが面倒な時は、フライパンに1センチほど水を入れ、そこにオクラと塩を入れ、ふたをした状態で蒸してしまいます。ゆでる時と同じように1、2分でできるので便利ですよ!

オクラの栄養は夏バテを予防する効果があります!

オクラは調理が簡単なだけでなく、夏バテで疲れた体を回復させてくれる優秀な食材なのです。

オクラ特有のネバネバ成分は、夏バテで衰えた消化器官を回復させてくれる効果があるのです。働きを正常にし、栄養が吸収されるのを助けてくれるので、他の食材と一緒にとることで、より夏バテ予防効果が高まります。

また、オクラのネバネバ成分は細胞の活動を元気にしてくれたり、老化するのを防いでくれる効果もあるのです。夏の体の体調管理だけでなく、美容のためにも積極的に食べていきたいですね。これら栄養価がもっとも高いのは生の状態ですから、調理の際はゆですぎないように注意が必要です。

夏は食欲不振などで、栄養が不足しやすい時期です。栄養不足は夏バテの原因になりますので、旬のオクラを意識して取ることをおすすめします。

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です