免疫力を高めるために食事で気を付けること!重要なのは何をやめるか

風邪
 

ある家庭に二人の兄弟がいました。

一人は不思議なくらい健康で、インフルエンザにかかったこともなければ、風邪も全く引かない姉です。もう一人は、血行が悪いのか朝は特に顔色が悪く、頻繁に風邪の症状が出てしまう弟です。

同じ親から生まれた兄弟なのに、どうしてこんなにも免疫力に差があるのでしょうか。・・・実はこれ、私の家族のことで、私が姉なのです。

免疫力の差が出る原因は朝食にあった

私と弟を比べてみると明らかに原因だと思われることが一つあります。それは食生活、特に朝食です。

私は体作りのためもあって、朝食にはたんぱく質のおかずとご飯を食べていきます。それとは反対に弟は、必ず菓子パンを食べて家を出るのです。

風邪

ご飯と菓子パン・・・どちらも炭水化物ではあります。しかし、菓子パンには体を作るための栄養がほとんどなく、代わりに大量すぎるほどの砂糖が使われています。

朝から砂糖が大量に体内に入ってくると、体は一生懸命血糖値が上がりすぎてしまわないように、インスリンを分泌しなければいけません。また、砂糖を分解し消化しなければいけませんから、そのためにたくさんのビタミンが使われます。朝から体は働きづめで、お昼を迎える頃にはくたくたでしょう。

また、砂糖が体内に入ると、細菌を捕食する白血球の働きが鈍くなってしまうのです。砂糖によって疲れた体では、免疫機能も十分に発揮できなくなります。風邪菌やウイルスが体内に入ってきたときに対抗することができず、症状が出てしまうことになります。

   
スポンサーリンク
   

これが風邪よりももっと重い病気でしたら、とても怖いことですよね。

免疫力の強さは日々の習慣によって作られる

たった一日だけ、菓子パンを食べたところでそこまで体に負担はかかりません。しかし、これが毎朝の食事が菓子パンとなると、体の負担は想像以上に大きくなっています。ビタミン不足や白血球の捕食能力の低下が毎日起こることになります。

砂糖

しかし、免疫力の低下はこれだけが原因ではありません。

弟は安くておいしいラーメンチャーハンを外食で食べることが好きなのです。野菜や魚が食べれるお店もたくさんあるのにもかかわらず、圧倒的にラーメンが食べたくなるそうです。

理由は、毎日の菓子パンで血糖値が乱高下するため、食欲が増し余計にジャンクなものを欲してしまうのでしょう。体が免疫力を維持するためにも十分な栄養が必要です。

しかし、栄養が明らかに偏っているラーメンやチャーハンばかり食べていると、免疫力が弱り風邪を引きやすくなるのです。

菓子パンからはじまる負のスパイラルが免疫力を落としていることがわかります。日々の習慣の中で何を食べないようにするかで、風邪を引きにくい体に改善していくことができます。

ちなみに、風邪を全く引かない私も実は1年で4回も風邪で熱を出したことがあります。それは、アメリカ滞在中に毎日のように甘いブラウニーやドーナツを食べて生活していた時です。スイーツをやめたら、めっきり風邪を引かなくなりました。

食べ物の影響はこれほど大きいのです。

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です