健康診断の費用は会社負担?自己負担?ー「入社前」の場合は

 

「内定おめでとうございます。では、入社日までに健康診断を受け診断書をお持ち下さい。」

新しく会社へ入る場合、このような状況に遭遇する方は多いと思います。

健康診断っていくらくらいするんだろう・・・?
費用は自分で持たないといけないの・・・?

といった健康診断にまつわる疑問を解消していきましょう。

健康診断の費用の目安

健康診断の費用を自分と会社、どちらが負担するにしてもいくらくらいなのか気になりますよね。

7000円~15000円程度

と受ける病院によりかなりバラつきがあります。

健康診断は保険適用外になりますので、全額負担する必要があります。費用は個々の病院で設定されているため、病院により価格差があるのです。

健康診断費用はどちらが負担するのか

会社側から入社前に健康診断を受けることを指示されるのは、会社の義務として法令で決められているからです。(労働安全衛生規則第43条)

ですので、一般的には健康診断費用は会社側が負担します。

しかし、中には入社前の健康診断だけは個人に負担してもらうという方針の会社もあります。どうしても負担したくない場合、会社側が負担するべきだと主張する手もあります。ですが、これから毎日通う会社ですから入社前に揉め事にするには良くありませんので、会社の方針に従うほうが賢明だと思います。

   
スポンサーリンク
   

また、雇用時の健康診断の検査項目も法令で決められています。会社側が費用を負担する場合は、決められた項目分のみになります。何かオプションで検査を受けたい場合は、その分は実費になりますので注意が必要です。

こちらが必要な検査の内容です。

  • 問診・聴診
  • 身長・体重・(腹囲)測定
  • 視力検査
  • 聴力検査
  • レントゲン検査
  • 血圧検査
  • 採血
  • 尿検査
  • 心電図検査
基本的に上記の検査をこなすことで法令で決められた項目を検査することができます。今まで学校などでやってきた検査ばかりですので、気負う必要はありません。

病院の混雑具合によっては待つ時間などを含め、すべて終えるのに2時間近くかかってしまう場合もあります。ですので、朝一で予約を取ることをおすすめいたします。予約の際には、就職時の健康診断だと病院側に伝えておきましょう。

最後に

入社時の健康診断は1回のみですが、自分で負担する場合は安くはない金額だと思います。いくらかかるか不安になりながら健康診断を受けるより、先に電話で聞いてしまうことをおすすめします。

大きな総合病院と小さなクリニックでは料金体系も違う場合が多いですので、電話で何件か聞き、負担を減らしましょう。

もし、健康診断費用の負担について会社に聞きそびれた場合は、必ず入社する会社名で領収書を貰うことをお忘れなく!

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です