朝の口臭の原因はどこから!?!嫌な匂いのもとを徹底チェック

口臭
 

朝目が覚めたとき、誰でも口の中は乾いているもの。私も「なんかネバネバしていやだな~」と思いながら1日が始まることもよくあります。もちろん社会人たるもの、きちんとこのネバネバ口臭もなくしてから家を出なければとは思っています。

 
ただ、不安なのです・・・ほんとに匂ってない?と・・・

 
自分の口臭はなかなか分からないですよね。

しかし、口臭を気にしている人は意外とたくさんいるようです。私も何度か親しい間柄の人に口の匂いが大丈夫か聞かれたことがあります。

しかし、現実は家族でなければなかなか本当のことは言えないものなのです。口臭の解決は孤独な戦いです。誰も本当のことを教えてくれないなら、自分で原因を見つけるしかありません!

口が臭いまま会社に行かなくて済むよう、口臭の原因となるものを一つずつ調べていきました!もし朝から口臭が気になったことがあれば、ぜひ参考にしてみてください!
 

朝一番の口はなぜこんなに匂う?

普段起きているときは、何かを食べたり、しゃべったりする刺激で口の中は常に唾液(だえき)で潤っています。

唾液は、口の中の食べかすや汚れを洗い流したり、菌の増殖を抑える働きをしています。この唾液のおかげで、私たちの口の中はきれいに保たれているのです。

口

しかし、夜寝ている間は、唾液の分泌が減ってしまうので、口の中はものすごい勢いで雑菌だらけになります。大量に増えた雑菌が口の中に残っている食べかすや歯にくっついている汚れを分解しようとします。そのときにとても臭いガスを発生させてしまうので、朝一番の口はとっても臭いのです。

口呼吸の習慣は口内をさらに乾燥させる

突然ですが、普段の呼吸は口ですか?鼻ですか?

もし口呼吸をしている場合は、寝ている間も口が開いていて、口から空気を吸ったり吐いたりしていることになります。寝ている間は鼻呼吸であっても、唾液の分泌が弱まります。

その上、口呼吸を一晩繰り返すと口内の唾液が蒸発してしまい、さらに乾燥してしまうのです。乾燥は菌の増殖に繋がりますので、口内環境が悪化する原因になります。

歯だけじゃない!舌にも匂いの原因がある

洗面所に立ったとき、鏡でいろいろなところをチェックすると思います。そのときに口の中も見てみましょう。真っ白になっていたら要注意です。

まるで苔(こけ)のように白い汚れが舌についたものを舌苔(ぜったい)と言います。

ざらざらした舌の上で残った食べカスや古くなって剥がれ落ちた上皮のカスにたくさんの細菌が群がってできたカタマリなのです。

舌

正常な状態であれば、唾液の働きにより洗い流されてしまうのですが、唾液の分泌が弱まっていると舌にどんどん溜まって苔が生えたように見えるのです。この汚れを雑菌が分解しようとして臭いガスを発生させる原因となります。

歯の環境による原因

歯磨きをきちんとしたのにいまいち口臭が改善していない・・・そんな場合は口の中の汚れが落ちにくい状態になっている可能性があります。

  • 歯並びがよくない
  • 親知らずが生えている
  • 歯のかぶせ物が浮いている

こういった状態に心当たりがある場合は、磨き残しができている可能性が高いのです。きれいに歯が並んでいる状態でも、細かい隙間がたくさんあります。ですので、歯磨きだけで歯に残っている汚れやカスを取り除くことはとても難しいのです。

歯並びが悪かったり、親知らずやかぶせ物で隙間ができていると、そこに汚れがたまりやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。自分でも気が付きにくいので、知らず知らずのうちに匂いの元になっているかもしれません。

歯の病気による原因

虫歯歯周病といった症状が進行している場合、それが口臭の原因になっていることもあります。

虫歯の場合

虫歯予備軍くらいの軽度の状態では、匂いの原因になることはありません。しかし、虫歯になっていても気付いていない場合や気になりながらもなかなか歯医者へ行かない方もいます。

放置していると、「ミュータンス菌」と呼ばれる虫歯菌によって酸が作られ歯が少しずつ溶けていきます。溶けた部分は穴が空くのですが、この穴に新たなカスが詰まり、腐敗臭を発生させるのです。
虫歯

歯周病の場合

歯周病は虫歯とは違い、歯茎が炎症を起こす病気です。以前は中高年の病気とされていましたが、今は10代、20代でも増えているそうなので注意が必要です。

   
スポンサーリンク
   

健康な人の場合、歯と歯茎の間には、とても小さな隙間が空いています。しかし、取りきれなかった歯の汚れが蓄積していくと、その汚れを餌にたくさんの菌が増殖します。その菌のかたまりはネバネバしており、歯と歯茎の隙間にぴったりとくっつくのです。

この菌のかたまりは歯垢(しこう)と呼ばれていて、毒素を出すことにより徐々に歯茎に炎症を起こします。炎症を起こした歯茎は歯との隙間が大きくなるため、そこから歯周病菌がたくさん中へと入り込むのです。

さらに炎症が悪化すると歯茎から膿(うみ)が出るようになります。この膿が強烈な匂いを発生させるのです。

ストレスによる原因

ストレス自体が直接口臭を発生させるわけではありませんが、もし体に不調を感じるほどのストレスを抱えている場合は、口内環境や内臓の状態が悪化し、口臭を発生させている可能性があります。

強いストレスを感じ続けるとこんな影響があります。

  • 体の緊張状態が続き、唾液の分泌量が減る
  • 体の免疫力が下がり、雑菌が増殖しやすくなる
  • 内臓の働きが弱まり、消化不良をおこす

健康な状態であれば、自律神経が正常に機能し、体を活動させたり、休ませたりしてくれています。しかし、ストレスが加わり続けると、体を活動させる機能ばかりが働いてしまうのです。

すると、体は休まる暇がないため、唾液の分泌量が減ったり、雑菌が増えやすくなり、口内環境が悪化します。また、自律神経が乱れると内臓の消化機能が衰えるため、消化不良を起こしたところから腐敗してきます。その腐敗臭が血液に乗って最終的に口から吐き出されるのです。

生活習慣や病気による原因

乱れた生活習慣や体の不調が原因で口臭を発生させている場合を見ていきましょう。

暴飲暴食による胃腸の機能低下

空腹を感じる暇もなく次々と食べ物を口に入れていると、胃や肝臓の消化作業や分解作業が追い付かず、温かい臓器の中で菌による腐敗が始まります。

腐敗すると臭いガスがたくさん発生し、そのガスが血液中に混じり、全身を巡って口から吐き出されるのです。

慢性的な便秘

本来、排出されるはずの便が長く腸内に留まることで、徐々に腸内の悪玉菌が増え、菌により便が腐敗していきます。この時に発生した臭いガスは腸の壁へと吸収されていき、最終的には皮膚や口から外へと出ていきます。

便秘

便の腐敗による匂いですので、口内の汚れによる匂いとは違う匂いがします。卵が腐ったような匂いおなら臭い匂いが口からしていたら、胃腸から来ている疑いがあります。

ダイエットによる栄養不足や糖尿病による代謝異常

ダイエットで体重を落とそうと、運動よりも厳しい食事制限をメインにしていませんか?ダイエットに必死になりすぎて、過度な栄養不足の状態が続くと体は少ないエネルギーでも生きられるよう基礎代謝を下げるのです。

ダイエット

基礎代謝の下がった状態でも何とか中性脂肪を燃やして体を動かすエネルギーを作ってくれるのですが、この時血液中に「ケトン体」と呼ばれるとても臭い物質を発生させます。

また、糖尿病にかかっていると、血糖値を下げるインスリンが十分に分泌されず、糖からエネルギーを生み出せないのです。その代わりに体脂肪を分解するのですが、その過程でもケトン体が発生します。

この口臭の原因となるケトン体が肺まで到達し、呼吸を通して外に出されるのです。

花粉症や鼻炎を患っている

花粉症鼻炎を発症していると、鼻水が出たり鼻が詰まったりするため、口呼吸になりやすくなります。口呼吸を繰り返していると口内が乾燥しやすくなるため、菌が増殖し口臭の原因となります。

また、花粉症や鼻炎は長く続いたり、繰り返し症状が出ることが多いため、だんだんと鼻の奥に鼻水が溜まるようになってしまいます。鼻の奥でたまった鼻水に細菌が増殖したり、鼻の奥が腫れたりして、化膿することがあるのです。この膿の匂いが口から漏れていることもあります。

鼻炎

最後に

今日の朝起きた時に、自分の口の中の匂いが気になって息を吐き出して確認をしてみたのです。やはり、起きたばかりの口の中は乾いてることもあり、何とも言えない嫌な匂いがしました。

これから支度をして、会社へ行き、1日が終わるまでにいろんな人に顔を合わせます。そんな中でこの嫌な口臭が気になるのはとても辛いことだと思います。

口臭の原因は人によって様々ですが、あまり気にしすぎることもかえってストレスとなってしまいます。もし思い当たる原因が見つからない場合でも、専門医に相談してみることで意外な発見ができるかもしれません。

今回の記事は口腔の専門学術団体である日本口腔外科学会様のホームページを参考にして作成されております。この記事が口臭の原因発見のきっかけとなればとても嬉しいです。

   
スポンサーリンク