夏バテでしんどい体を劇的に治す対策はこれを試して!

猛暑
 

毎年やってくる猛暑の日々・・・

体が重く、風邪でもないのに全身がしんどいのは本当につらいですよね。それでも夏バテが理由では仕事も休めないし、学校にも行かなければいけません。

夏を乗り切るために、夏バテで疲れた体を劇的に回復するための対策をご紹介いたします!

なぜ暑いだけで夏バテでつらくなるのでしょうか?

普通に生活しているだけなのに、春や秋、冬よりも圧倒的に疲れを感じてしまうのが、夏バテですよね。実は体の疲れだけでなく、夏バテは脳の疲労のサインなのです。

強い紫外線にさらされたり、外気温や室内の温度差から体を守ったりしなければなりません。このように夏場は知らず知らずに体や脳を酷使しているので、スタミナのある食事をするだけでは夏バテは回復しずらいのです。

夏バテの原因の一つは紫外線です

外に10分いるだけで、肌がじりじりと焼けてくるのがわかると思います。

しかし肌のへのダメージだけではなく、紫外線は目からも大量に入っているのです。

目を通して紫外線が入ると、目の細胞を傷つけてしまい、脳が体内に過剰な活性酸素を発生させてしまいます。これが疲労を感じる原因となるのです。

夏の炎天下の中、バーベキューをしたりするとただ椅子に座っておしゃべりしているだけなのに、終わる頃にはぐったりと疲れていますよね。場合によっては、一晩眠っても次の日仕事に行くまでに疲れがとれていないことも。

原因は夏の強い紫外線が活性酸素を過剰に発生させてしまったことです。

太陽
   
スポンサーリンク
   

バーベキューなどのイベントがなくても、真夏日の中、会社や学校へは行かなくてはいけませんから、その途中で強い紫外線にさらされることになります。帽子日傘で日陰を作ったり、色の薄いサングラスをかけることで、紫外線から目を守ることができます。

夏の紫外線の影響は大きいですから、これだけでも夏バテ対策になります。

無理にスタミナ料理をがっつり食べる必要はありません

夏バテになると、体力をつけるためにお肉うなぎを食べると効くとよく言われています。

しかし、暑い日々で体は毎日のように体温調節で酷使され、すでに疲れている状態です。そんなときにこってりした焼肉やうなぎを食べると、今度は消化するためにも体を働かせなければいけません。

なので食欲がないときは無理せずに、冷やしたトマトをたっぷり食べたり、たんぱく質も多く含まれる枝豆をぽりぽり食べるほうが疲れを早くとることができます。

睡眠は夏バテの一番の対策は睡眠です

夏でなくとも、睡眠不足は体への疲れを蓄積させる原因になります。夏は紫外線や暑さのストレスから活性酸素が過剰に発生しやすくなるのです。

そのような状態のときに、睡眠不足が重なるとさらにそれがストレスとなり、活性酸素が体内に増えてしまいます。
それが原因で余計に疲労を感じてしまうのです。しっかりと睡眠をとることは活性酸素の発生を減らし、疲労を取り除くことになります。

特に35度を超える猛暑日は、クーラーや扇風機をケチらず、なるべく睡眠をとるように心がけましょう!
これらのことを気を付けて過ごせば、秋はもうすぐですよ!

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です