ダイエット中のおやつはこれ!間食をしても痩せる習慣を作る

 

私たちの体は年齢を重ねるにつれ、太りやすくなる傾向にあります。

筋力は20代前半をピークに下がっていきますし、基礎代謝も同じように下がっていくことになります。そうなると、消費カロリーが摂取カロリーを上回れずに、脂肪として蓄積していくことになってしまいますよね。

どんどん太って醜くなっていく・・・それだけは何とか食い止めたいものです。

しかし、体は一晩にして劇的に太ることはありません。大好きなドーナツを1日だけお腹いっぱい食べても、それだけでは太ることにはならないのです。

太る原因があるとすれば、それは太る習慣が今までにあったということです。

おやつはダイエットのために我慢するべきでしょうか?

おやつも太る習慣の一つですよね。

ドライフルーツやナッツを少量食べるくらいの習慣であれば、美容にもいいですし、ダイエットには最適です。しかし、それだけで我慢できればそもそも太りませんよね。

そこでぜひ習慣にしたいのが「ダークチョコレート」なのです。

なぜダークチョコレートを間食にするのがいいのでしょうか?

ダークチョコレートはチョコとしての旨みを摂取でき、かつ女性に必要な栄養もとれるメリットが多い食材です。

しかし、最大のメリットはそこではなく、暴食を引き起こさないというところなのです。

   
スポンサーリンク
   

食べてみるとわかりますが、カカオ70%以上のチョコレートは一度に大量に食べれるものではありません。砂糖の含有量が普通のチョコレートに比べて少ないため、血糖値が上がりにくいのです。カカオの深みと苦みが口の中に広がるので、少量食べるだけでかなりの満足感を得ることができます。

ダイエットの失敗はたいてい暴食で終わります。

思い返してみれば、暴食時に食べているものは、ドーナツやメロンパン、クッキーなど砂糖や油が多いものばかりです。これらは食べれば食べるほどもっと食べたくなる中毒性がありますので、ダークチョコレートで新しい習慣を作るようにしましょう。

ダークチョコレートは将来の健康も守れる間食なのです

痩せることだけがダイエットではありません。

今だけでなく、将来もずっと元気に動ける体を維持していきたいですよね。そういった点でも、ダークチョコレートをおやつに食べることはさらなるメリットがあるのです。

ダークチョコレートには高い抗酸化作用があるカカオポリフェノールが大量に含まれています。その抗酸化作用が体がさびるのを防いでくれるのです。

体の細胞がさびるとガン化したり、免疫力が低下してしまうので、病気にかかりやすくなります。こういった将来のリスクを未然に防いでくれる効果があるのです。

そして何よりも、ジャンクなものを食べているよりずっと気分がいいはずです!気分よく過ごすことが健康維持の一番の薬ですから、ダークチョコレートをうまく生活に取り入れていきましょう!

   
スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です